スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson37

2008.04.27.Sun.00:35
4/26(土)のレッスン。

今回は早めに書いてみた(笑)

今日は先生がなかなか来られなかったです。…が、勝手に(いつも通り)レッスン室へ入ってギコギコ調弦&基礎練習してました。30分しかないですからねッ!有効活用しないと(^▽^;)

1~2分過ぎてから先生登場。
「遅くなってごめんね。先週から調子悪くって…」とマスクを着用。
ときどきセキがでるから、って。
「お、お気になさらずゆっくりしてください…」
そういえば先週お会いした時は、2~3日熱出して寝込んでた、と話されていました!
お体大事にしてくださいねセンセイ。

ということで、早速レッスン。いつもの左手の練習から。
「もっと弓に重さをのせて、すばやく動かす!」と言われましたが…アレ?
「もしかしてなんか弓の持ち方おかしいですか!? 親指が滑るんですが…�G���������͂��Ă�������
「ん?なんでかな?」
ってことで、改めて持ち方チェック。パッと見ではイマイチ微妙なので最初っから。
まず親指・人差し指・小指の3本で支える。その後で残りの指(中指・薬指)を添える。
「なにか変わった感じする?」
「予想以上に指の位置が深いです…!」
つい浅く持つクセが最初にあったので、深く持つようにしてましたが、まだ浅かったよう。
このまま音階練習 → 曲練習へ。「ポルカ」「きよしこの夜」。
「うん、いま弓は振るえなかったね。いまの持ち方を忘れずにね」
よし。持ち方に悩んだら、この3本指から持つやり方でやり直そう。
…が、重みをつけて弾くのはまた別問題なんで、手の甲をちょっと内側にひねるのを忘れないようにしないと。でないとすーぐ外向けにしてしまうので��
これも弓を浅く持ってしまう原因になってるのかも…�����c

曲はOKがでたので次へ。GWの間の課題デスッテ。ゴフゴフ。

「トルコ行進曲」「メヌエット」「マジャールの踊り」。
一度先生がこんな感じです、とサラリと弾いてくださる。テンポ速ッ…。
初見で弾いてみましょう、ってことでそれぞれ1段目の4小節目まで弾いてみる。
「どれもこれも音階練習みたいな感じやし、大丈夫ね?」
ソウデスネ…。
なんか#とかナチュラルとか見えるんですけど。いま♭ついてる状態で練習してんのに、そんなん付いたら…アレ、えぇ!?
とパニクりながらなんとか(笑)落ち着け自分。
「全部出来なくていいから、出来るところからちょこちょこ練習しといてね」
承知しました~(た、大変や…)�L���� 来週はお休みやしね…うん。

「次にちょっとやって、その次には完成させるからね!」
…なんですと!? え、いやちょっと早っ…。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。