スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストアン19

2011.04.12.Tue.01:06
3/27(日)ストリングス・アンサンブル・セミナーでした。

どうでもいいけど、開始時間15分前に行っても、ほとんど皆さま勢揃い。
なんつか、みんな気合い入ってんなー、とか思う自分はダメなヒトかも知れん…orz

ところで毎回毎回、見学者が増えてるんですけど…。
もう、このには教室入りきりませんよ…?
特に今回は友達同士で見学に来られたっぽいので、一気に入会とか…どうするんでしょうか。
(基本このセミナーは、通常レッスンと違って単独で来られる方が多い)
いまでもかなりギリなので、広い教室が要りますよ店長。

さてさて。
最近は席の場所(もともと決まっていないけど)なんか関係なくパートが入り乱れてます。ええ、先生がかなりの割合でランダムに楽譜を配られるからです(笑)テキトーともいう…(笑)
前は自然と「ここら辺の席は1st、ここは2ndよね」的なものがあったんやけどねーははは。ある意味、上手いヒトは1st行けよ的な空気もありましたが(笑)

続きの、バッハ:管弦楽組曲2番(のハズ)、ダッタン人の踊り、Away in a Manger(未だに詳細不明)と新譜が2曲。…なんやけどさ。
またしても新譜については詳細不明、というか…先生も何の曲か読めなかった(!?)というのが…。
たぶん英語が読めなかったとかそんな理由…。先生、アレンジは得意なのにナゼに…!!

一曲はミサブレービス(Missa Brevisミサブレヴィス?もしかしてモーツアルトか?)、もう1曲は曲はわからんがパーセル作曲…というなんともアバウトなもの
ってか、先生がわからんものがワタクシにわかるかーーーっ!!
ただでさえクラシック詳しくないのに…(泣)好きやけど…。

バッハとダッタン人はランダム配布によりパート不明。音の高さからいって1stでは無さそう。やけど、まんべんなく各パートにメロディラインが入ってるのでよく判らず。
初めてではないので、どっちもそれなりに楽しく弾く♪ま、たまにアヤシい音が出るのはご愛嬌~(…イヤアカンやろー!)
バッハはともかく、ダッタン人はまだ2回目やしー。しかも各パートの席が入り乱れてるから(コワいことに各楽譜、みんなバラバラの席)両隣のヒトを見てもそれぞれ違う楽譜を弾いておられる…!お、落ちたら戻ってこれん…!!(泣)
うん、…何とかセーフ。コワー。

そういえば最初こそあまりなかったけど、最近は音色とかボーイングも先生チェックが入ります。っていっても、そんなに厳しくはないけど。ここはこんな感じで、とかそんな感じの緩めの注意。

一応、新譜も弾いてみましょ、ってことでパーセルの方を。
初見でいきなり弾くので、まあほどほどにってことやけど…相変らずみなさま普通に弾いておられる…。
こういう時はもー、そら凹みますよ。自分の初見能力の低さに!(泣)
結構慣れたつもりやけど、まだまだですワねぇ。
うん、何の曲かわからんけど(笑)、ちゃんと落ち着いて譜読みしたら大丈夫そう。
次回ちゃんと弾くってことで終了。
Missa Brevisは触れずに次回(笑)

それにしても、誰の何の曲かくらいは…ちゃんと把握したいですよ先生ぇーー!(泣)
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。