スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson151

2011.03.09.Wed.00:05
3/5(土)のレッスン。

ゆーても3月やなー。なんだかんだと寒いわ
…あ。もう3月かぁ。早ッ。

先日、春からのレッスン値上がりのお知らせがきました。5年目までは料金は強制的に上がるので(ええもう!例え超絶ヘタクソでもな!/泣)
逆にこれ以上は上がらなくなるので、ある意味安心…なのか?どうかな。
しかもワタクシ6月入会という中途半端な時期に入ったもので、4月分からレッスン料があがるのですよ奥さん!(ダレ?笑)
3ヶ月前納制なのでこんなことになるのよ…。4~6月分ってなるので。
ワタクシ的には7月からのヒトとおなじ気分ねんけどなー。あ、7月入会のヒトは7月分から上がるのよ。
そういう意味では、ワタクシ2ヶ月分割高。…ちっ。
まあ、それは(よくないけど)いいとして。これが最後の値上がり通告。
…改めて見ると高いな…ははは。音楽ってコワい習い事やな~。マジで。

さてさて、続きの『ウィッチダンス (作曲: Paganini)』『ガボット(バッハ)』。
…のまえに基礎練習。
ええと、『1弦上でのポジション移動とアルペジオ』で、音が魔境に突入シマシタ…。
自分でもアヤシイな~、な音を出してると、普段(割と)まともな(ハズ)の音(普通に音階とか)まで、何だかわからないレベルで自動調整してます!
Σ( ̄◇ ̄;)!!
どいつもこいつも半音高い!とか、半音低い!とかそんなん。…つまり…ま、まともな音が出てないとかそんな感じの『なんちゃって調整機能』が働いてマス!(泣)
イヤーーーーーッ!そこはやらんでイイのにーー!(泣)

おかげで、曲に行く前に基礎練習で時間とったわ…。でもコレが本来あるべき姿か?実際アルベジオはアヤシいし、アリか!?
どうでもいいけど、音階崩れたらあかんやろ…き、基礎過ぎるッ…orzもう泣ける…。

あ、『1弦上でのポジション移動とアルペジオ』はずっとE線でやってたけど、低弦でもやれってことで弾いてみた…んが!
確かにハイポジションはE線のほうがやり易い。肘の入りとか移動とかあるし。
G線…遠っ!
しかもE線のときはあんまり気にならんかったけど、1ポジの指幅、思ってたより広ッ!4弦すべてで試してみたけど、どれもこれも微~妙に肘の入り具合とか手首の角度が違う(あたりまえ)!!
でも音はわかりやすねんなー。複雑。
なんにしても長ーーいお付き合いになりそうな予感。

さて曲の『ウィッチダンス (作曲: Paganini)』と『ガボット(バッハ)』はやけにあっさり終了。もうホンマに、1回弾いただけな感じ。
んで、やっぱり付点記号に気が散って、しょーもないミスをするワタクシ。
…が!
どっちもOKってことで次ページへ。

『オーゼの死』、短調ですよ…。
なにがどうってタイトルも暗いけど、曲も暗い…や、あたりまえやけどさー。
ゆっくりな曲デス。そして先生が急にヴィブラートの話を出してきました!1年以上前に一瞬だけ話をしたヴィブラート。アレ以降、そんな話もなく、ワタクシの腕からいってまだまだ先やろ~!なんて思ってたのに急にですよーー!
曲が曲なんで(雰囲気バッチリ・スローな曲。そして簡単)、丁度いいしヴィブラートの練習もそろそろ始めましょっか~、なんてコトに…!
えー、ダイジョブかなぁ…(かなり不安)

とりあえず、練習を始めて…ミマスよ…?
先生にこんな感じで、と言われたとおりやってみる。
最初は試しに弦は押さえず(開放弦)、左手だけで親指だけがVn本体に付いてる状態で揺らしてみる。
おを!開放弦でも音が揺らいでるのがわかる!スゲー!
んじゃ、今度は押さえてみよう。
ええと、…親指ひっかけて、弦は軽く押さえ…って軽く!? アレ!?(もうつまった/笑)

どうなることやら(^▽^;)
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 地震…。 | HOME | Lesson150 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。