スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson145&146

2011.01.30.Sun.02:19
1/22(土)・1/29(土)のレッスン。

またまたまとめて。
…どうでもいいけど、寒過ぎ…。雪降ってるやん。

いきなり次の『ロシア舞曲』から合わせる。
寒い国の曲って、テンポ早いのが多いよねぇ~、などと先生がおっしゃる。
なんでも別の生徒さんが、そういえば…と聞かれたらしい。
根拠があるのかナイのかわからんけど、…言われてみれば…??
(寒い国でちんたら弾いてたら寒いから…とかいう理由ではないよな…汗。いやでも南国じゃあ、わりとゆったりした音楽多いし、せかせか弾くと暑いからとか!?…ええ、知りませんが!笑)
一発弾き&デュエットしたわりに、さっくりOKが出てしまう。
なんとなく『アマリリス』が倒れそうやったので(^▽^;)、何とはなしに、あっさり感ただよう。
や、いいのですよ。
むしろ『アマリリス』でつまずくなワタクシ。

次ページからは、連続メヌエット。ワタクシの苦手な3拍子。どうにも取り辛いねんなー…。
ワルツ系(3拍子ズンチャッチャ系)は、もともと日本にはなかったリズム。
日本人の基本は4拍子なんだそうな。まあアレか、それを言い出すと今のドレミも日本はなかったらしいし。
…がんばれってコトです。ハイ。
しかも音階練習は変則スラーの練習。や、やりにく…泣。慣れ。慣れよコレ。

でだ。自分で書くのもなんだが!
ワタクシは練習したのよ結構マジメにっ!

○メヌエット(バッハ) (作曲: J.S.Bach)
○メヌエット(バッハ) (作曲: J.S.Bach)
○ワルツ (作曲: J.Brahms)

調が一緒やし、まあこの辺まではサクサク進むかな?などと思っておりましたが!
最初のメヌエット…ありえんくらいミスるし…。
レッスンの直前練習でも普通に問題なく弾けてたのに!(泣)

なんつーかさ、…いつもいつもいつも…!先生の前で成果が出せへんのやったら意味ないねんて!!
…とは思ってるのですよ一応…。
んでだいだい自信がある時はミスるのよ。なんでだ。浮かれ気味なのがマズいのか…?
なんかわからんが、おかげで全然進まんし…。

ちょこちょこ、やはり1曲を通しての構成(弾き方)をチェックされる。
メインはどこか、その中できっちり音を出さなアカンのはどの音か、とか。
とくに気をつけるべきはスラー。後の音が大きくなりがちやけど、先(頭)の方をタップリ弾く、と。
頭でイメージはできてるけど、実際弾くとなったら大違い。マジでゆっくり目な曲ほど・メジャーな曲ほど一般人も知ってるので、崩れるとヒドいもんデスーーー!はあはあ。

そうそう。先生とのデュエットがメインなんで、しかも私が1stを弾くもんやから、…最初の入りはワタクシが合図を(先生に!)出す、という…なんかどっかで聞いたようなハナシですね!?(笑)
こんなとこでストアンが生きてくるとは…恐るべし!
特にナニも言われなかったけど、合図をだすのってやっぱり難しいねぇ…しかも先生にですよ。それだけでテンパリモードに入りますってーー!

ポジション移動。
一応、曲をやる前にするねんけど(こっちは曲とは関係なしに練習)、同じ指での移動の練習、なるものをやってるけど…正直もう高音域は(またしても)なんの音か不明。五線紙はみ出過ぎてわからん。
…が、いままでよく出てて5ポジ。
なんとなーく5ポジまでの感覚って覚えてるけど、今やってるのって何ポジ?
かなり指とか肘とか厳しいんですけどー!
先生に聞いてみたら「え、意識したことなかったわ!これ何ポジかしらね…?」と先生も確認。

結論。8ポジΣ( ̄◇ ̄;)!!ギャッ!

そらアナタ!感覚違い過ぎるハズやわ!8ポジて…!ゴホゴホ。
かつてナイ高音域。
イマイチ上手くいかぬ…!!
これはもう、継続して地味~にやるコトに。

さて、また来週…。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« Lesson147 | HOME | Lesson143&144 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。