スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson140

2010.12.12.Sun.04:10
12/11(土)のレッスン。

年内のレッスンも残すところ、あと2回…!…やば。終わらんでホーム・スイート・ホーム…。

寒さの為か、いきなり腰痛に襲われるイケテナイワタクシ。
というか、どうも腰回りの筋肉が冷えて固まったためか、一度座ると立てないという…(泣)や、立ってもいいけど腰が伸びひん…orz ← くの字。まさしくこの状態(笑)笑えへんねんけどー!

さてさてっ。
お前はいつまでこの曲をやる気やねん!?状態なわけですが、まだ続きますよ…ふ、ふふふ。
コレくらいの曲やと、普通どれくらいで完成…及第点をもらえるんやろーか…もしかしなくてもワタクシ遅い方ですかねぇ…あ、落ち込んできた(爆)

相変わらず6・7ポジが安定しませぬ。
6ポジの『半音上がる』が超絶ムズカシイですーー!
気を抜くと下がるし、気合い入れると高すぎるし…どっちかゆーたら、6ポジが曲者ですか。7ポジはガツッともってこれるしさー。
…って、はっ!
偶数ポジションが難しいんやんかッ!2ポジ4ポジもそうやん。い、今更気付いた…。

えーと、『Introduction/イントロダクション』の途中から(どいうか後半あたり)。ハイポジションのトコです。
A線3ポジから、E線5ポジへの移動がままなりません。どうも低くなってる。自分では上げてるつもりねんけど低いな。うーん、基準の指がそもそも低いのか…同じ弦上だと音が取り易いねんけど、弦を移動するとどうも感覚がアヤシくなります。練習練習。
あ、ハイポジションは力強く(と言うと語弊があるかな?)弾いた方が音が安定します。こわごわ弾いてると弓もヘニャルし、音も蚊が鳴くような音に…。
それと弓の位置!駒近くで弾く方が硬い音(ハッキリした音?)が出ます。逆に真ん中くらいのとこは1ポジとかだと柔らかめの音がでます。ううん、こんなことまで考えて弾かねばならんとは…!な、慣れ?

2ページ目の『Var./ヴァリエーション』以降は、よく『音の盛り上がりを作れ』って注意を受けます。
意識すると意外にムズカシイですよコレ…。
1小節の中で!後半に向かってクレッシェンド!みたいな感じ。最初の音がP(ピアノ)と言うわけではナイ。
単調な音の羅列の時は特に。
書いてないけどアクセントの位置とか。…き、曲のイメージと言うか、そういうのをくみ取れと…。
聴かせたい音はどこかとか、常に考えないと。
1曲弾くって、…難しいデスね…。

はっ。今日進んだことと言えば、とりあえず『Introduction/イントロダクション』最後の部分(どっちかゆーたらアレンジ部分なんやって)の音符がちょっと小さいトコまで教わりました。
その手前のハイポジションで手こずって(今もやけど)たので放置されてましたが。
これで一応通しで弾けるはず。
…ハズ。

先生がそろそろ完成させようとか言い出しそうでコワい…む、無理ーー。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。