スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御手洗祭。

2010.07.25.Sun.03:27
個人的には毎年恒例の、下鴨神社で行われる足つけ神事・御手洗祭。
土用の丑の日を含め2~4日ほど毎年あるのですが、今年は土用の丑の日は7月26日。足つけ神事・御手洗祭は23~26日までです。

今年はオカアサマもオネエサマもお疲れで調子が悪いので、友達を誘って行こうかと思えば、そちらもなんだかオカアサマの調子がイマイチでお出掛け不可。
もう面倒なのでバイオリンのレッスンの後、1人で行って参りました。
行ったのは24日(土)。

ちなみに。
足つけ神事・御手洗祭とはナニかっちゅーと、その名の通り『御手洗川に足を浸し、無病息災を祈願する』ということなんやけど…。
細かく書くと、御手洗川を歩き、御手洗社前にろうそくを献灯することで穢れを払い無病息災を祈願する。…という感じですか。川からあがった後にご神水をいただくと、延命長寿の霊験が得られる、と。諸病(病気)も払うのでいいことだらけだ♪
穢れをはらうってあたりは祇園祭にも通じる…?

御手洗川の水は、この御手洗祭の時だけ井戸水を引っ張ってくるらしいです。
ご神水はもちろん、脚に関するお守り系もこの日(土用の丑)だけっていうのもあるので、行ってみる価値あり。
神社は夜の雰囲気がスキなんで、行くなら夜がおススメ。
提灯のはかなげな雰囲気とか、見えそうではっきり見えない薄暗い道程とか、暗闇にぼんやり浮かんでる夜店とか…ええ、スキなんデス。
昼間が暑くて耐えられん、ってのもあるけど(笑)

ああ、そうそう。
水はハンパなく冷たいです!年によって水かさは違うけど、今年は深かった!余裕で膝上まできた!
水から出た後は、足はサラッとしてて気持ちいいデス~。は~。

蛇足ながら。
井戸水って温度は一定なんやって。夏は冷たく感じ。冬は暖かく感じるとか。鍾乳洞もそんなんやんね。温度は一定。

で。
正直、バイオリン背負っては、ツライ…!
ナニがどうって、背中が暑いし、邪魔!(笑)
まわりの皆様、申し訳ございませんでした…!水辺に楽器は危険よなぁ。ハハハ。

自分の分を含め、オカアサマには脚のお守り、オネエサマとオトウサマと自分のお守りを購入。
ご要望のカルヤキ(カルメラに非ず。ウマい~)を手土産に、道中お腹が減ったので(昼から食べてないし)わらび餅とカステラをお供に、ついでにこういうトコでしか見ないドライフルーツを買って実家に寄ってから帰宅。

カルヤキ

カルヤキ。コレは小さいサイズ。8cmくらい。普通サイズはコレの倍。
ちょっと苦味があってウマいの~

…お祭りにはバイオリンを背負わず行きたいッス…。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« Lesson125 | HOME | ストアン11 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。