スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会…。

2010.01.31.Sun.05:42
1/24(日)はストアンを含めた教室の発表会でした!
…っても、ワタクシ不参加ですけど…み、観に(聴きに?)行くくらいは!

場所は京都文化博物館別館。
思ってたより音響は悪くないし、…なんてゆーか、参加費が確か7000円くらい(レッスン代並…恐ッ)やっただけあるなー的な、クラシックな建物です。豪華チックです(笑)

で、ストアンの皆様は16時くらい、って話やったので(受付とかあるのでもうちょっと時間は早いが)、KOTOKAさんと時間があったら音出しでもする?ってコトになったので(半分くらいは自分でバヨに触りたかった/笑)お昼前から会場近くのジャンカラに。
(この発表会リハーサルもないってどうよ)
たっぷり時間とって、音出しながらゴハン食べて、デザート食べたりしてました。メインどれ(笑)

講師の先生方の演奏が聴きたい!ってことで、かなり早めに会場へ。
パンフレットが欲しいがために受付へ行ったら、参加者と一般は別々に受付しないとパンフ貰えませんでした。
ナニがちゃうねん?と思ったら、挟み込みのチラシが違った(笑)細かいな…。

しかしだ。
ナニがどうって、発表会が3部まであるっちゅーことに衝撃!何時までやんねん!?
というか、参加者そんなにいんのんか…。
しかもこれ、2日目。1日目は主にピアノらしかったですが。多いなぁ。儲けてんねんから受講料下げようよ(笑)

アレですよ。よく考えたら発表会らしいものって、かなり昔に友達のエレクトーンとピアノの発表会に行ったきりで、なんとも久々ですわ。
…だけどね。
子供が主体の発表会とは違って、これは大人がメインの「音楽教室」。
参加者は当然、大人ばっかり。ちょっと雰囲気違います。
会場が会場ってのもあると思うけど、かなりオープン。フラッと近くに寄った人も入れる感じです。

KOTOKAさんの参加受付まで1時間くらいあったので、一緒に聴いてました。
先生も一緒に参加して弾かれてるグループが多し。
たぶん音が弱いとか、メロディが足らんとかなんやろーなぁ。…ものすごく個人的には、そのレベルで発表会は無理があるんじゃナイの、せめて来年にしたれよ…と思うこともしばしば(参加者の皆様スミマセヌ…!)
教室の資金集め?とか、…ワタクシはちょっと穿った見方しちゃうのですよ…ええ、腹黒いもんで(笑)

なんやろ。グループレッスンが基本なんやし、1人1人は細かく見てもらうにはキビシイのかなーと思ったのがバイオリンを含めた弦楽器群(あとチェロだけやけど)
音が出てないねんなぁ、もったいない。伴奏の音源とかピアノに負けてる。…そっちの音が逆にデカ過ぎてジャマになっててんけど。
顕著やったのがボーイング。
ゆ、弓、全然使ってないよ!?中弓だけで弾いてるイメージが…!
…なもんで、音量が…(泣)
ちょっと上手いな、ってグループはボーイングが大きかった。観客としてみるとよくわかる。…そして普段先生(個人の方)に「もっと音出す!」って言われるのがよくわかりました。
音の出てない楽器ほど悲しいものはナイです…!
フォローするなら、管楽器群は指が回ってなかろーが、失敗してよーが(プピーって)、ある程度息を入れないと音が出ない仕組みなもんやから、フツウに音が聴こえるの!(会場効果もあって)
ナニがツライって、管楽器の後に弦楽器がくると、とたんに音量が下がる…!
ある程度は会場の音響に助けられてるけど、ち、小さすぎる音はどうにも…(泣)

あ、そういや衣装も皆様バラバラでした(^▽^)
グループのみんなで揃えてるトコもあれば、みんな普段着、みたいな。
大人ばっかりやし、そういうのは先生も言わないのかしら…?衣装そろえましょー的なことを。

いやいやそれでストアン。
KOTOKAさんが受付に行ってしまわれ、1時間程は1人で聴いてました。
いよいよ登場か!となった時に印象的やったんが、ワタクシの隣に座っておられたご夫婦。
ストアンは人数が多いんで、イス出したりで時間が少し掛かったの。で。
「ほとんどオーケストラみたいなもんやんな?」
そっか。チェロやフルートが入ったりして、大人数になるとそういう風に見えるのんね。
「オーケストラにしては種類少ないですよ!」などど心の中で突っ込んでしまいました(笑)

そしてストアンの出来は…。
全体的に音が小さかったけど、まあ、まとまってたかな?
あえて突っ込むなら、どうも気になったのがピアノ伴奏とサイレントチェロ。
どっちもアンプ通すから、やたらと目立つ。そして機械音っぽく聴こえる(実際機械音やけどさ)
リハーサルがないっていうのもわかるけど(なにしろ参加者多過ぎて、そんな時間も場所もナイ)、これ、リハやったほうがイイデスヨ…。
どうにも音のバランスが悪すぎる。これは他のグループの時にも思ったけど…。
メインが聴こえてないんじゃ意味ナイやんッ!
小さくても全体が聴こえてる方がいいのか、音のデカさでヘタクソさ加減を誤魔化す方がイイのか、正直どっちも微妙デス…。
個人的には全体が聴こえてる方がイイ…。
伴奏がやたら目立ってるグループは寂しくなったもん(泣)
はっ!それに負けず音を出せってことなのかしら!?

発表会はいいけど、いくらグループやからって、あまり弾けてない人たちを出場させるのはどうなのかしら。
…いろいろ考えさせられる発表会でした。

いや!楽しかったのよ!?
ただ改善点が、どうにも主催者側にあるような気がするのはワタクシだけかしらっ!?

演奏が終わったあと、KOTOKAさんにお願いされてたレコーダを返しつつ、この日はお別れしました。
生演奏を聴いたもんで、ものスゴいバイオリンが弾きたくなって、家に帰ってからいつもより多めに練習してしまい申した(笑)

何事もなければ、来年はワタクシも出場!?……か?
スポンサーサイト
コメント
お付き合いありがとうでした♪
なかなか突っ込みどころ満載!な発表会でしたよね(^◇^;)
マイク無しならともかく、入れてるならもうちょっとどうにか調整しようよ、とか。

人のとこの発表会に行くと、自分の課題が見えたりしますよね!
結構音って出てないもんなんだ~とか。
管楽器は下手でも下手なりに演奏になるけど、弦楽器って下手だとかなり痛いことになるし、不利ですよね、、、

来年は、いっしょに出ようね(*^_^*)
曲、早いうちから先生に吹き込んでおけば通りそうな気がするし、候補を考えておこうっ♪
♪KOTOKAさん

いえいえ、こちらこそですワ!
ワタクシも楽しかったのでオールオッケーです。
会場の雰囲気も良かったし、その辺は満足ねんけどねー。
どうもフォローが上手くいってないよねぇ。
リハなしって知ってたけど、ホンマに先生とも合流なしやったのね。
ずっと会場セッティングにいはったし…。
このへんが『大人の』発表会なのかしら。子供じゃないねんから手取り足取りやらんぞ、的な(笑)

ま、まあ、1回見学しといたのでイロイロわかったこともあるし、つ、次がんばろうね!(出るのかワタクシ!?)
でもクラスのコミュニケーションはもうちょっとこう…やらんとな…。
(もしかして、残ってる人ってみんな山葉所属!?)
コミュニケーション不足。
それ思うね~・・・今度、飲み会する?
先生は喜んで来てくれると思うんだけど♪
他の人たちも、誘えば来そうじゃない?
・・・次回(忘れなければ)言ってみようかしら♪

管理者のみに表示
« Lesson107 | HOME | Lesson106 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。