スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩当て替えましたの巻。

2009.10.12.Mon.00:00
ようやく肩当てを替えました。
購入当初から不満があったKUNオリジナル。買う方も最初はよくわからんから、お店の人も無難なものを勧めるんやろーし、こりゃもう仕方がナイこと。
なのだが!
よく耐えたよワタクシ…2年半も…。

ってねぇ、KUNにしたって、全然ダメなんか!?というと、そう言うわけでもない。
正直、肩当てとしては及第点。初心者(初めて肩当てを買う人)には充分おススメな一品。
じゃあナニがアカンのか?っちゅーとですね…。

ちょうどワタクシが肩当て(とか楽器一式)を購入した2年半ほど前(よりちょっと前?)に、KUNのブリッジ(足)のゴム部分が改良されたらしいのですよ。
当然ワタクシは改良後のものを買ってるので、改良前のものがどんなんかはネットショップに貼付けてある写真でしか知りません。
(そういやお店で「前はこんなん」ってのを見せてもらった気もするがアヤフヤ)
ま、「良くなったんです」と言われたらそうなんでしょう、きっと。
実際、イイ!って人もいるんやと思うワ。

ワタクシが合わせたセッティングやとアカンかった、ってだけやしたぶん。
ナニって、とにかく落ちる。
練習してアゴから楽器を離すと、ゴトン。外れる。
その場で落ちなくても、楽器を置いて、次に構えようとすると、ゴトン。落とす。
いったん楽器を離すと、グイグイ肩当てを押し込まんと落ちるねん!
コレが意外とストレスになるのよ!

たとえばアンサンブルとかで先生が楽譜のチェックをされ、書き込みをしないといけない時とか楽器を離すでしょ?んで、じゃあ弾きますよ~!ってなった時に、ガタン、と外れる…。
おちおち膝の上にも置いとけんのか!?…他の人は大丈夫そうなのになぁ…なんで自分のだけ?
と、結構ぐるぐるしてました。
早い話が、ワタクシセッティングでは(足の高さとか幅とか)落ちる、という結論に。
単純に足ゴムの問題な気もせんでもないけど、これで大丈夫な人がいるってことは、自分には合ってないってことなんやろーなぁ。

これだけやけど切実です。不満はこれだけといえばこれだけやけど、どうせなら簡単にずり落ちない肩当てが欲しいワ!ってことで買い替え。

実際購入したのは8月終わり(ストアン見学の日)。
同じ足ゴムを使ってるKUNは今回はすべて却下。
MACH ONEはカーブがキツすぎて、どうにもワタクシには合わず。
ものスゴい惹かれたのが、Bonmusica。いやでも、これは最終手段や!と諦め、意外とすんなりフィットしたMusicaさんに決定。
おお、超格安肩当てから、ちょっとリッチ肩当てになったぜ!(笑)
メイプル素材なんで音の伝達がイイとかなんとかいわれてるけど、…自分的には不明(笑)
でもメイプルってトコが気に入った~。色もイイよな~�L���L��(自己満足)
肩当てムジカ
比較のためKUNにも写ってもらったけど、…あんまりよくわからんな(笑)
ま、まあ最初はバイオリン本体に付けるのが手こずったけど(足のとこに結構な角度が付いてるので、慣れるまでうまくハマらんかった��)高さ・角度ともに落ち着いたので、ようやくMusicaさんにシフト。
KUNには控えとして待機してもらいましょう~。
肩当てとしては、まだ使えるし。

あ、そういや7月にはアジャスターE線のみになったので、ウィットナーのアジャスターには引退してもらい、新しくE線にはGoetz製Silverのアジャスターが入りました~。
最初は普通にGoetzの、と思ってたけど、シルバーが珍しかったんで買ってみた(ワーオ/笑)いつものごとく適当。そして今頃書いてるし。

さて、次は毛替えと調整。もーさすがに予約したワ(笑)
前に毛替えしたの…去年の6月…。1年以上経っとる…。早よ行けってー。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。