スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして事件は起こった(笑)

2007.12.11.Tue.00:20
いったい何のタイトルやねん、と自分でもツッこみたいですが事件です(笑)
初心者には笑えないコトが起きました!

土曜にレッスンに行って、帰ってからも少し練習して、…そして日曜の午後にそれは起こりました。
チューナーで調弦。昨日の今日やしそんなに狂ってないやろう、とA線を弾いてみれば!

…コレはいったい何の音デスか…?

ありえない!ありえないから!(泣)
どう考えてもペグ1周戻ってないデスかッ!?
D線・G線は許容範囲内でしたが、E線もナニコレーーーッ!!(爆)
しばらく呆然としつつ、これは何かの罠かと疑ってみたり、もしや家に泥棒が!?
とワケのわからんことを瞬間的に妄想し、…我に返りました。
えー…、これはアレですか。よくありがちな乾燥とか?が、関係しているのでしょうか。
ともかく音を合わせないと練習にならないので、なんとかがんばってみることに。

そしてさらにスゴイことがッ!

もー、ホンマにこんなんあるの?と自分でも疑いました(笑)
アジャスターでは追いつかんので、ペグで調弦。む、難しい。
A線オゲ。次はD線!とペグを回していたときに、

E線のペグが自動で戻りましたよ!?何もしてないのに確実に1回転…。

しばらく自分のバイオリンを見つめてしまいました。
何かの反抗?(泣)
き、今日はバイオリンの練習をした後、インコと戯れて、愛車を車屋に持って行かねばならんのですよ?
ここで時間を食うわけには!
…と奮闘すること20分。なんとか普通っぽい音になりました…。
よくあることかどうかわかりませんが、あんまり起こって欲しくナイ出来事でした…。


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。