スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson 22

2007.12.11.Tue.00:11
12/8(土)のレッスン。

しばらくは基本的なことが続きそうです。

●肩当てはあってる?
●左手の位置を修正!右手もね。

ってところでしょうか。
本格的(?)にレッスンに入る前に、修正できるところはしときましょうね!という感じみたいです。確かに重要ですからね~。んん?変なクセついてます…か?

まず、肩当ては初期段階からなかなかしっくりこなくて、イロイロいじってたのですが(しかも角度が変えられることに気付いたのは10月頃でした…半年以上もか!)
先生が「こんな感じ?」と渡された私の肩当ては…うを!低ッ!!
こ、こんなに低くていいんですか!?と聞き返しましたとも!
「大・丈・夫・です!!」(^_^)
…ハイ、そうですか…じゃあつけてみまス…。
…アレ?意外と平気。いままで結構高めやったのに、低くても大丈夫…?
先生が横からチェックして、微調整も完了。どうなるかわかりませんが、しばらくはこのままで様子見です。

問題の左手。
何を言われるか、なんとなく予想は出来るものの…バイオリンを構えて音階弾いてみてね、といわれた次の瞬間。
ぐいぐい!(←親指移動)
キャーーーッ!先生、バイオリン!バイオリン落ちます!(笑)
「親指はこの辺の位置でネ」←笑顔。とても笑顔ですよ!
わかってはいたけど、どうもビシッと(?)持ててなかった左手親指。不自然だとはわかっていたけど、人指し指の位置がわからなくなるので目安にしていた親指…。
大改革です(自分的に)!間違ってるんやし当然か(泣)
人指し指に近い位置で添えてた親指→中指近くにまで移動。
「このほうが4の指も取りやすいし、自然に持てるでしょ?」
ふんふん確かに。何も考えず手を握ればこんな位置やなぁ。小指ラク~。
ついでに右手も直され、
「確か弓道やったはった…よね?」
「あ、ハイ。…確かに弓矢を持つときも、人指し指は力いれませんね…」
(先週に弓道やってますという話を少ししたので。ええ、力入ってますね私(泣))
ふと今までのことを思い出して、左手の感覚かなり違う…!
「え、でも音は、指の位置はどうやって取ればイイんですか!?」
「そのまま持てば取れてます!!…ハズ」(せ、センセイ?)
試しにバイオリンを弾いてみる。おを!割と音あってる!?
「人指し指だけはいままでより引っ張られる感じで…」
と説明され、「来週はレッスンがお休みなので次まで練習してきてね」って、
それはつまり次までには直しとけ、と。そういうことですか…泣。

あと調弦についてもちょこっと説明。(先週の駒の話の流れで)
こんな感じです、と、5度であってる音と少し外した音とを聴かせてもらう。
私にはまだまだですね~(^▽^;)
なんて言ってると「音さえ覚えてしまえば、小学生でも出来ますよー」ですって。
いや、そーなんですけどね…。
コレについては言及されなかったんで、今は聞かなかったことにしました(笑)
右手の弓の位置もちょこっと修正。
まずは左手ーーッ!

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。