スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都国際マンガ・アニメフェア2012

2012.08.24.Fri.20:09
ってしってる?

なんてゆーか、イロイロあって行くことになり申した(笑)
いや、地下鉄とかポスター貼ってあるんは知っててんけど、一緒に行く人もおらへんし、まあいっかーくらいに思ってたんやけど、…お誘いを受けたので、んじゃあ行くワッ!みたいな?(笑)

どうせなら限定チケットでも買うか!と思ってちょっと調べたら、発売期間8/19まで!?
うそん!もうアカン?!

ビクビクしながら駅の案内で聞いたら「売ってるとこに行ってもらわんと」ちょっとわからんな〜と案内のおばちゃんがおっしゃるわ!
…ポスター貼ってるとこで必ず販売してる訳じゃないのねん…。
じゃあどこやねん!と問い詰めたら、聞いてビックリ。

コトチカ京都(JR京都駅)・北大路(地下鉄かな?)・三条(地下鉄)

…の3カ所。
ええ!?そ、そんだけ!?
あとは、アニメイト各店舗…って(社会人はむしろ行きにくいって…)あとはアニメイトオンラインショップ…。
いや、それなら地元で買うわ(笑)

さくっと駅で買ってしまいたかったのに!どーゆーこと!?
じゃあもう入場券だけでも…と思ったら、ネットではそっちの方が売切とか出てるらしいし…マジか/汗。

も、もう恥を忍んで(?)案内のおばちゃんに各駅の電話番号を教えてもらい、電話したわ!
とりあえず手近な帰り道…というか通過点の駅に。

ワタクシ「あの、えーと9月にある国際アニメなんたらのチケットってまだあります?」
駅員「えーと、ああ!あれね!あると思うけど、定期券売場の方なんやけどね」
ワ「え?ここに電話しろっていわれましたよ??」
(あとで確認したら、こっちは忘れ物とかの問い合わせ先…おばちゃん…泣。だから何度も定期券売場の方じゃないのかって確認したのにー)
駅「え?おかしいなー。定期券売場で扱ってるので…一応在庫聞いてみますねー」

一瞬後。

駅「ありますよ!場所わかりますか?」
ワ「三条の…広い案内所?」
駅「そっちは京阪なんですよ。ウチは地下鉄の方なんで。来られたら案内しますヨ?」
ワ「ちょうど今から電車乗るのでお願いします!」

などなど。
なんかもうこんだけマジメに(?)問い合わせたの何年振りよワタクシ(笑)

しかも今まで知らんかったけど、『地下鉄』三条駅の定期券売場って…こんなところに!!?っていう、三条で定期買ってなかったら・常にここで降りて定期券売場の方から出入りする人でないと!…絶対しらんぞ的な場所にありましたわ。
ワタクシ、京都人も知らんかったです…わぁ…。

ってことで、薄桜鬼のセット土日分両方購入してもうた〜!ハハハ。
ミニクリアファイルも付いてた。ラッキー!
あ、この絵が限定の乗車券カードになってんのか。ふーん。

ってことで知らない人はまだ買えるで!!ってことで。
聞いたの。
まだイッパイある!って(笑)

買い逃した人(って関西近郊にはいないかも)・諦めた人!まだいけるよーー!

イベントは9/22・23の土日。
京都国際マンガ・アニメフェア2012
一応、関西最大のイベントらしいのに…マンガミュージアムとかもあるのに…。
なんでチケット余ってるんやろ?たぶんコードギアスもあるな、あの調子じゃ。
売場が問題なのか…各定期券売場で売ってくれたら楽やったのにー。ワタクシはラッキーやったけどー。
スポンサーサイト

Lesson208

2012.08.22.Wed.00:00
8/18(土)のレッスン。

雨がハンパないです…。ナニこの豪雨レベル…。

新版 デュオで楽しむヴァイオリン名曲集 Vol.2 のガヴォット <2Vn.> (作曲: F.‐J.ゴセック)を使って、秋のなんちゃって発表会用練習突入〜!
…今気づいたけど、秋って、正確な日付いつやねん…。アバウトすぎる…。

1stと2ndのバイオリン譜が分かれてるので、よく見ると1ページで収まってしまう程の短さ!
わあー…。難しくないけど、キレイに弾こうと思うと結構な難易度に。侮れんッ!

前に弾いてるので(前っていつだっけか…)1回通しで弾かされる。
んで、さらに楽譜修正。ひ、弾きやすくな!(笑)
「大丈夫ちゃう?」ってことで、普通に先生と合わせる。う、いきなりはイロイロ引きずられますわぁ。
ちょこちょこボーイング変更もあったりで、妙にワタワタ(笑)
嗚呼ーー!待ってーー!…みたいな感じです。ハイ(笑)
気を抜くとポジション上げるの忘れる…orz(^▽^;)
知ってる曲なだけに、どうも油断しがちというか…勝手に「ここはこうやろ!」と思ってる節があるのか、何でココで間違うかな自分!的な部分がチョロチョロ。
ま、まあ今日が1回目やし!もうちょっとマジメに練習したら、弾け…るような気が。すんねんなー。なー…?

曲の前にやった基礎練習。
なんでかズタボロ(笑)
ちょっと凹んだ。マジメに凹んだわ…。

結論。
基本は大事デス!!orz

あ、最近調弦が合い難いのって、そろそろ弦替えなアカンか…!?
毛替えは7/1にしたし…。

Lesson207

2012.08.19.Sun.01:53
8/11(土)のレッスン。

暑さピークで、もうグダグダ。いや、普段が(笑)

さて。
『狩人の合唱 (作曲: K.M.von Weber)』をどんくらいやるのかな〜?とか思ってたら、なんつかサクッと終わってしまいました。
いやあの、確かに曲が簡単すぎるってのもあるけど!
なんというか、例のなんちゃって発表会用に終わらせたかった…!?のか…?
終わってしもたので、もう何をいっても一緒やけど(苦笑)
ただ基礎練習の音階はねー…、基本やけど!基本だからこそ難しいというかなんというか…。
コワいくらい、思い通りになりません!
そしてそれ以上に誤魔化しもききませぬ!
飛ばし飛ばしの音階練習って、自分のマズいところ(ヘタクソさ加減)がでます…いやマジで。

そしてそして。
ガボットさんですが、使う本はコレ。

新版 デュオで楽しむヴァイオリン名曲集 Vol.2 (Ontomo string music repertoire)新版 デュオで楽しむヴァイオリン名曲集 Vol.2 (Ontomo string music repertoire)
(2011/04/19)
玉木 宏樹、 他

商品詳細を見る


当然ワタクシが1st。先生が2nd。
これも簡単な曲なだけに…いざ弾いてみると粗が目立つような気が。
最近忘れてたポジション移動も思い出さねば…!
ちょいちょい先生が「ここのスラーは外そう」とか、手を入れられたので、楽譜通りに非ず。
楽譜通りならワタクシ死にます(笑)弓飛ばへんわー!
ってか、これを人前で(同門の生徒ばっかりといえども)ちゃんと弾くには、ちょっとな…
次のレッスンまでにちゃんと譜読みしよ…てゆーか弾いとかんと!

Lesson206

2012.08.10.Fri.00:00
8/4(土)のレッスン。

暑さでやられ気味…。マジで暑いデスよ…。

今日から『狩人の合唱 (作曲: K.M.von Weber)』。本の順番無視して進んでます。

この曲なー…。確か『新しい~1』の最後に載ってたような気がするし、弾いた覚えもあるけど…。
…こんなんやったっけ!?
というのが感想。
いや、白本1巻に載ってるだけあって簡単やけど!なんか記憶と違うっていうか!
うん、曲はこんなんやったような気がするねんけど…。
あれか。
白本1巻の時は、1巻だけあってオソロシク簡易版になってたのか!?…いや篠崎2巻も、もしかしたらホンモノより簡単なんかも知れんけど…。一応バージョンが違うってコトでいいんかな…。いやどうだろう(確認してないしな

ハイ。
曲自体はサラッと弾かされ、やっぱりというかなんというか。
音が問題ではなく、弾き方とかそっちを注意されます。
…そうか。初期の頃って、まず音がアヤシかったもんな…。

…スタッカートがチマチマ入っております。別に早く弾くところでもないし、いいねんけどさ。…ワタクシがスタッカート苦手なだけでっ!
ええと、音を切り離して弾く…。飛ばす程のところじゃないから落ち着け自分。

曲の前に基礎練習をしましたが!
前の曲が♭付いてたので、♯がメインになったら、…なんかビミョーに合わない…。
そして♯の音が何となく低め…いやいや!明るい曲なのにーー。
うっかりナチュラルで弾いてしまったり、切替がムズカシ…!
ただの音階練習なのにヘロヘロ(笑)大丈夫か自分。

そうそう。
なんかまた皆で『なんちゃって発表会』みたいなの出来たらいいね!(教室主催は参加費高っ!)といってたら。
※『なんちゃって発表会』とは、同じ先生に習ってる生徒が、レッスン時間ブチ抜きで一緒に曲弾こうよー!という、教室側には完全無視の(笑)アンサンブル(グループレッスン)のようなもの。結果的に集まった皆の時間を合わせてるだけやから、特に問題ないやん?という趣旨のもと、お手軽にやってますー。まえはカノンを先生+生徒3人で。

1人の生徒さんの奥様がお店をされてるそうで、そこを借りてやろう!ということに。
レッスン後に移動ってことになるけど、楽しければイイ!

…というのが、先週の話。
今週そのときに弾く曲の話がでんやけど…。
「ガボットどう?」って、ふんふん。…ん?…アレ??
「先生、これ2人ですよね…?え、みんなで弾くんじゃ!?」
とうやら、次は『先生+各生徒』という組み合わせ!
えぇ!?
いや、ホンマに発表会よりいいけど!…でも発表会っぽくなってる…orz
う…アンサンブルじゃないのね…いやまあ、カノンみたいな皆で弾ける都合のイイ曲はそうそうないか。

ちょっとまて。
ヘタクソさが目立つやん!!

先生はそれぞれの実力に合った選曲をしてるとはいえ、ちょ…ゴセック/ガボットかい!!
また苦手要素が大量の曲が…!!

しばらくはこの2本立てで進みます…。
ガボットか…(まだ言ってる/笑)。

Lesson202~205

2012.08.05.Sun.01:12
7/7~7/28(土)のレッスン。

…。
……。

あ、アレっ?!
なんか油断してたら、7月1回も書いてなかった…!?

ということで、もうまとめていきますです。

えーと、7月は『結婚行進曲(“真夏の夜の夢”より) (作曲: Mendelssohn)』をやっておりました。
超有名曲はホンマに引き難いです!
ほら、自分の中のイメージもあるけど、一般的に間違えようがないくらい『こういう曲やんな?』っていうのがあってさ…。
まあ、相変らず好き勝手(…え?)引いてたら、もっと力強く!!っちゅーのがバンバン。
…うん、入場の曲が弱々しかったらアカンわな…。
最初は派手に、そしてちょっと引き気味で弱く→クレッシェンドォ!…で盛り上げる!
あ、最初の2弦一緒に引くのがどうも上手くいかんなーと思ってたら、無駄に力強く弾いてました。ええ、よく見たら記号P(ピアノ)やん…。力抜いたらウマくなるようになりました(笑)

全体的にフォルテェ!!…みたいな感じやけど、盛り上げる為にちょっと力抜いて弾くコトも大事ね…。ということを改めて認識。
ううん、わかってるつもりでもなかなか上手くいかないのがニクいところ(笑)
単に実力不足なだけですよ…ふふふ。

どーも力み過ぎて失敗しやすいのが、sf(スフォルツァンド)。
一瞬ドガーーン!と強く弾いてすぐ抜くというか…頭だけ強くというか…文章で説明するのって無理があるな。アクセントとは違うのだよ。うん。
なんにせよ、おもいっきり!と強く弾こうとすると、案の定ガリッといったり、音がひっくり返ったりどうすれば!?と延々悩んだ割に、あっさり解決しました。
私の場合やけど、腕の力だけで弾き過ぎ。で、そこだけ異常に頑張るから、更に力が入って(てか入り過ぎ?)ガリガリいってました。ちょこっと力抜いてやったら、何となくそれっぽく。この辺は人それぞれかなぁ。

楽譜自体はそんなに難しくはないので、音符は追え…るけど、細かいところをチェックされます。
特に付点のところ。
自分ではちゃんと弾いてるつもりでも、音だけを聴かれてると、付点部分が付いてるように聴こえない、ってことで。音を切り気味に弾くとそれっぽく聞こえるというか…これも文章で説明は難しいな(汗)

やっぱり最初の頃(始めた頃というか)より、細かいことを言われるなーと。あたりまえか(笑)
同じことをいわれてるようじゃ、成長全くしてないてことやんかっ。

まあ、そんなわけで、イロイロと曲を弾くにあたって(簡単な曲でも!)それなりに完成度を上げようと…ちょっとは成長してんのかなー…ちょっとくらい。

7月4回使って、『結婚行進曲(“真夏の夜の夢”より) (作曲: Mendelssohn)』は終了。
簡単な曲&知ってる曲ほど、スンゴイやり難いこと!なんていうか、完成品を知ってるだけに、自分のしょぼさが目立ちますわ~(笑)

…まだしばらく篠崎2とは離れられそうもありません…。ハイ。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。