スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson178

2011.11.22.Tue.00:00
11/19(土)のレッスン。

はー、寒いサムイ…。なんなん急に…。

雨には降られず。
ギリでやみました。日頃の行いのせい…のわけでも…なくはない…かも。
…だからどっち(笑)

本日は『カノン』の日。
やけど、基本はやりますよ。

『3度音程』へゴー。いやぁ、ホンマに簡単そうで意外にコ難しいのであります。キレイに響かせようと思うと!
まあ、もうどこがマズいのかはわかってるんで、ソコ強化。というか注意。G線~D線前半。
ヘロっとポイントを、毎回同じようなことを言われながら!コツコツやって…おりますよ?一応…。
技術がすぐ追いつかんのは勘弁してください(泣)
出来るもんなら、一度は音大行ってる学生並に延々と練習漬けになってみたいモンです。
…それはそれでイヤになりそうやけどさー(笑)
いやまあ、それくらい練習してみたいってことで。…ツッ込まんでくれ。

『カノン』は、12月のレッスンが4回(最終週まであるぜ!/笑)あるんで、最後に3人で合わせるってことで確定。
…なのだがしかし。
レッスン時間が続けて3人のワタクシたち。お互い前後の人間は知ってるけど、この場合レッスン時間が真ん中の人しか3人の顔を知らない…。
ちなみにワタクシはレッスン時間でいうと3人目。
…なので1人目の、カノンが弾きたいー!といった1stを弾く言い出しっぺさんを知らんのですがー!ワタクシの前レッスンの人が3rdを弾く。ワタクシ2ndッス。
3人で合わせる時は、レッスン時間ブチ抜きで1時間半を使う模様。
でもいきなりっつーのは流石にアレなんで、12月の頭は時間が前後の人同士+先生で練習。
…結果的にバイオリン3本やーん(笑)

ともかく。
ナニが何でも仕上げねばならぬよ。
…とうことで。
技術的にヤバ!ってところは、後半の付点+タイがついてるところ。…くらいなんやけど、どうも数え間違えするなーフツーに大丈夫な時もあるんやけど、うーんナニゴト。
あとは、細かいチェックが入りました。
もう弾けてりゃいいやんー、とか思うワタクシはダメなヒトかも知れん…。
えーと、つまりなんや。この辺はフォルテ、この辺はピアノ、で、ここからクレッシェンドーー!みたいな感じのチェックです。ちょっとした弓の配分とかそんなん。
ここらへんは通しで練習しながらガンバリマスよ…。

とりあえずミスらんようにせんとなぁ。
なにしろ、知らない人同士とやるんやし…。
次回は12月!
スポンサーサイト

Lesson177

2011.11.17.Thu.00:00
11/12(土)のレッスン。

晴れると暖かいをとおり超して、暑い。コレ如何に。

ようやくいつも通りのレッスンです。
レッスン前の練習時間が取れるだけでも、バイオリンの反応が違うからな~。
ま、ワタクシのアップも兼ねてるけど。
レッスン中に基礎に時間取られたくないし。

さてさて。
日頃の練習具合が顕著に出てしまう『3度音程』と、イマイチ練習時間が取れていない『美しき変奏曲』です。

先週もチラッと言われたとおり、やっぱりG線が下がり気味。これにつられてD線も前半が下がってしまうことが。
1ポジD線3の指(ソ)はG線と共鳴するからブレないねんなー。
意外に難しい1ポジ。なんか最近、3ポジが指的に楽な幅な気がするなぁ。
1ポジは意外に広くて、5ポジあたりから少し狭め。
いつまでも悩みは尽きませんな。

『美しき変奏曲』は、…あ、『も』か。
例のスタッカート+アクセントはなんとかマシになってきたものの、左手いれたり、弓をもっと使う!とか言われると急にガタガタ(泣)うぅ…。
たくさん弓を使って『スタッカート+アクセント』って、て、手強い…!
でもなんかコツっぽいのはわかったような、わからんような…(どっちやねん/笑)
そして油断すると、弓を使い過ぎて戻ってこれない(笑)えーと、いろんな意味で…。

先週までスッ飛ばしていた部分も入れて、上手くいけば次週に通す。
しっかしこの曲、ホンマに弓の練習させるための曲やな…。
で、来週は『カノン』再び。
3rdの人が最後まで弾けたらしいので、これで3人揃っ…や、最後まで練習したって意味で!(汗)
12月に3人で合わせてみようってコトで、おさらい含めてまたやりましょうってことに。
ヤバイ。
練習しないと…!ここんとこ本気で放置してたんでマジで!
そしてまだ練習時間が取れるか微妙なワタクシ…!

ってなことで、来週。
なんとか練習時間を取らんと…!

Lesson176

2011.11.13.Sun.04:37
11/5(土)のレッスン。

さっむーー!急にものっそ寒いわ!

11/5(土)分があまりにも書くことが短すぎるうえ、ちょっと愚痴っぽくなるのでどうしようかと思ったけど。
とりあえず書きますわ、ええもう。

結論から書くと、この日のレッスンは実質10分強。
まあ、理由は最後に。

10分しかないので曲なんて弾くどころじゃなく、もう基礎練習だけ見てください!と宣言して『3度音程』の地味練習をチェックしてもらうことに。
このところ練習時間があまり取れないうえ、直前練習もできないので完全ぶっつけ本番状態。
いつもなら(一応)普通にできてた基本の音すらガタガタひー!
こういうことがあるとホンマ、毎日10分でも、音階練習だけでも!やると違うデスねぇ…。
少なくとも週4~5回は練習してたのが、いきなり週1しか時間が取れないってのは…キビシイ…。
ヘタクソな技術が更に後退してるのが自分でもわかりますよ…!!ふおお!

で、この日の問題点。
前からそうかなって思ってたけど、G線の音が下がり気味傾向。
まあ調弦でイヤでも下がるし(5度で合わせる関係上、A線基準でD→Gと少しずつ下がる。逆にEは気持ち高め)、押さえる位置で多少修正しないとさらに下がる、という、なんとも弦楽器の難しさ真骨頂発揮。

なんつかアレです。
適度に教本が進んで、ちょっとムズカシめの曲(程々やけど)を弾くようになったところで、また基礎をガッツリチェックされる。
なんてオソロシイ子!(笑)侮れませんバイオリン!

…とかなんとかやってるうちに時間オーバー。
って、マジでヤバい時間やんーー!
先生にも片付けを手伝ってもらい(汗)、超猛ダッシュで駅へ!
はあはあ、走り過ぎて汗だく…(;´Д`)なんとか間に合ってヨカッタ…!


で、なんでそもそも10分になったのか?

例によって個人的都合から時間短縮やったわけやけど、…ワタクシの時間になっても、まだ前の人のレッスンが延々と続いててですね…。
30分レッスンを、20分レッスンにしてもらっててんけど(電車の時間とかの都合上)
まあワタクシ都合なんで強く言えないけど!時間枠なかったら休むとまで先生に言ってたんで、むしろレッスンしてもらえるだけでもラッキーなわけやけど!(休んでもレッスン料は戻ってこないんで)
時間になっても前の人が終わらず、ジリジリ時間が過ぎて、5分どころか10分も過ぎれば、さすがにどーなってんの!?とか思って受付に確認したら。
まあ、アレですよ。その生徒さんが遅刻したらしいですが。

ワタクシ、以前もこのヒトと時間変わってもらえないかなぁ的なコトを先生に聞いてもらったのですよ。30分だけズレてくれないかなって。ワタクシが直に聞いたわけじゃないので、先生はまったく悪くないねんけど。
このレッスンのあともお稽古ごとがあるので不可(この時間じゃないと無理)、という回答やったので仕方ないか、と思っていましたのよ。で、ちょうどその人の次の時間が空いてるのでソコに入れてもらうことに。

それが。

変わって欲しかった日、初っぱなから休み(誰もいないので何でじゃ?と思ったら!)ざけんな。休むんなら変われ
確かに自分都合やけど、時間ギリで来てギリで帰るねんから!(コノ電車を逃すと、用事に間に合わない)
で、この日の遅刻。
…で、時間延長?
あのさ、アナタはよくてもワタクシの時間は増えへんねんて!!遅れてきても次がいるねんから、もともと終わる時間で帰れよ!次の時間は普段空いてるので、ダレてんじゃねぇの?

普段から入れ替わりとかで5分くらいはズレたりするけど…10分過ぎれば、さすがにもーレッスンの意味ないんじゃね?とか思って(電車の時間があるんで残り10分やし)受付に「もう時間ないので帰ったって先生に伝えてもらえますか」とか言ったら、前の人のレッスン終了。
その生徒さんが「すみません~」とかいってたけど、さすがに不愉快すぎて全無視。
スゲェ冷たい目で見てもうたわ。

時間厳守で、来て帰れ。

と、ワタクシが思ったかどうか。
…え、普通に本気で思いましたよ?
当然。
終わりは先生によるけど、来る時間は守れ。

ハモニカクリームズ

2011.11.01.Tue.00:00
ところで。
10/29(土)のレッスン帰りに、地下鉄に乗るため『御池ゼスト』でイイモン聴きました。
まったくの偶然やったけど、地下のショッピング街にやけに響くサウンド。
スンゴイ「ガツン!」と聴こえたんで気になり、改札を通りこして広場まで行くことに。
(ついでにコンビニ寄ろーとか、改札横のパン屋でパン買おーとか自分を誤魔化したり。誰に/笑。)

コレばっかりはウマく言えないけど、やられました。
音がイイ!
メインはナンの音!?って見たら、ハモニカ。
なんじゃこのハモニカ!ハンパないパンチ力!スゲーー!
アレ?バイオリン?と思ったらフィドル。弓の持ち方が違うのですぐわかる。
ドンドコ響く打楽器はナニかわからんが、なんか懐かしいリズム。
ギターは流石にギターってわかる。でもイヤな感じのしないギター。

アイリッシュっぽいなーと思ったら、置いてあったチラシに寄れば『ケルトブルース』なるジャンル。
バッサリ切っていうと民族音楽なんやろーけど…生音ってのもあるんやろーけど…。
なんですか。
なんか懐かしくて楽しい音楽。
ホンマ久々に魂が震えましたよ!おおお!
普段ならぜったいしないのに、あまりのよさにCDまで買ってもうた!ギャハァ!
でも後悔ナシ。

Amazonにあるかなー、と思ったらあったので載っけとこ。

触感の研究触感の研究
(2011/01/23)
ハモニカクリームズ

商品詳細を見る


リーダーのハモニカ奏者さんがフランス在住らしく、基本、夏季限定らしい。
公式っポイページに映像があったので、ちょっとどうですか。
http://harmonicacreams.jimdo.com/video/
くっそ、映像じゃ良さが伝わらねぇ…!!

かなり本気で悔しい。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。