スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストアン18

2011.02.25.Fri.22:42
2/20(日)のストアン…ストリングス・アンサンブル・セミナー!です。ハイ。

発表会後のセミナーとあって、なんだか和気あいあい。いや、いつもか(笑)

到着したら数名、発表会の話で盛り上がっておられ、ワタクシは入り込めませんでしたワ…こういう時は参加してないと寂しいデスワね(^▽^;)

先月帰りかけに「これ新しい楽譜ーー!」って先生がくださった、3パートに分かれているうちの1枚。コレしかないからこの楽譜で、ってことで新しく増えました。
『ダッタン人の踊り』
おお!なんか曲名は聞いたことある!…んが、どんな曲だっけ…?(相変らず一致しないワタクシ)
今日はコレをやるのね!
と思ったら、前に弾いてた(もう終わったと思っていた)バッハ『管弦楽組曲2番』登場。
一瞬、楽譜が出てこなかった(笑)
コワいことに、前は弾けてたのにもう忘れてるーー(泣)っていうのと、どうも2ページ目にいく時に1小節ブッ飛ばしてしまうようで…アレ?ズレてるー(泣)
ややこしいトコでは合ってるのに、フツーに4分音符のとこで数え間違い…orz なんでじゃーー!
ま、まあなんとかなりました。

次に『ダッタン人の踊り』。
先生に「合わせてみましょう!…落ちますよーーフフフ~」となにやら黒い笑顔。
コラコラー!先生が言う台詞かー(^▽^;)アハハ。
結果。
もらった直後に楽譜を見た時は、なんかよくわからんかったのでポイっとしてしまい申したが(ヲイ)、3パート合わせてみると…うん、わかった。弾けるかどうかはまた別やけど、とりあえずどんな曲かはわかった!
(ワタクシが思ってた曲と曲名は一致してへんかったけどー笑)
ああこの曲か、という結構有名どころかな?聴いたらわかる!というやつです。

ナニがどうって、先生編曲でちょこっと簡単になってるらしいですが(先生曰く、この曲は難しいのよー!って)、3パートに分かれてる分もあって、休符を数えたりするのがヤヤコシイ。しかもいろんな休符が目白押し。
が!メロディラインはスキーー!な感じ。
落ち着いてみたらそんなに難しくない…ハズ。
問題は♯3つでファ・ソ・ドが半音上がる。ファとドはいいけど、ソが半音高いのって難しいワ…。気を抜くとスグ間違えるダメなワタクシ。
いや、低音がある分ドもあなどれんか!

マジメに練習すればキレイな曲になりそうでス!
スポンサーサイト

ストアン17

2011.02.22.Tue.00:38
1/23(日)のストアン。

…やけど!
もーどうにも調子悪くて朝に1回起きたけど、撃沈。
アカン、今日は休もう、と電話したら、行ってなくても当然のごとく月謝は落ちます(怒)
まあ、当日はしょうがないか、とはワタクシも思うのですよ?
で、次月お休みにしてチャラにしよう(休みと言って引き落としを止めてもらい、セミナーには行くというワザ)と思ったら、「20日を過ぎたので止められません」だと!?
なにゆーてんねん、月末までに言ったらええんちゃうんかよ!?といったら、システム変更で20日までになったんです・先月から受付に張り出してありますよ?、な返事が。

電話でマジギレそうになりましたワタクシ。

このヒトたちは、どこまでヒトをバカにしてるんでしょーか。
このセミナーは月1です。そしてワタクシはコレだけに参加してるのです。
つまり、普段のレッスンでこの場所には通ってないのですよ。たとえ先月から告知が張り出してあったとしても、そのたったの1回を見逃してたら終わりやんか!!
ちゃんとフォローしろよ、普段ここに来てない人にはお知らせハガキとか出せよ。
マジで店長シメようかと思いましたワ!!(笑)

しかも「じゃあ、3月をお休みに…」っていったら「休会ですか?」って、休会のシステムを延々説明。
まてまて、どこまで話をもっていくねん!1回休むだけてゆーてるやろ受付!!

もうね、面倒くさくなって今から行きますっていいました。
どう考えてもストアンの残り30分切るやろ、という時間に家を出る。…案の定、着いた頃は終わりかけ。
他の皆様は来月発表会とあって、その練習に余念がありませぬ。
ワタクシ、何やってんのかしら…と思わずにはいられませんでしたよ…。1曲合わせるだけに、月謝まるごともっていかれたわ…なんやろう、このやり場のない怒り…!

どっと疲れた…。

とにもかくにも、来月は発表会。
しつこいようだがワタクシは不参加。でも聴きには行くー!

Lesson149

2011.02.20.Sun.03:37
2/19(土)のレッスン。

んっ、なんか暖かい…?

毎回最初にやるエクササイズ、音階練習・1弦上でのポジション移動…と、そのアルペジオ。
…難しいデス…。
うぅ、そんな簡単に慣れないッスーー!
しかも改めてイロイロ確認してたら、実は9ポジまであるやんかーーー!ということが…!!←アルペジオ。
ふおおーー!(叫び過ぎ/笑)
指板が近い!つか、9ポジまでくるとかなり指が手前にくるねぇ。
指がつるー!とかいうより、て、手首が痛いデスーー!(^▽^;)
大丈夫か自分。手首の角度こんなんでダイジョブかしら
進化していることを信じて、練習あるのみ。

曲。
先週出された課題2曲、ノルウェー舞曲と舞曲 (作曲: H.Shinozaki:編)。
最近いきなり先生と合わせることが多い。…んやけど、これは「このくらいモチロン弾けるよねぇー?」的なコトなのかしらッ!? や、確かにまだ簡単な曲やけどさ。イツマデモツカ…汗。

ノルウェー舞曲は、弓の使い方(ココは元弓、こっちは先弓とか)と強弱について、ちょこっとレクチャーされ再び合わせて終了。
にしても、元弓苦手…。
一時期から思うと、自分では結構地味に改善してきたつもりやけど、元弓はなかなか制御が難しいですな。
油断するとガリッといくからなぁ。小指小指。

舞曲 (作曲: H.Shinozaki:編)←日本語タイトルなだけに、なんか微妙~。普通に『ワルツ』って書いてあったら違和感ないのに(笑)しかしそれはそれでどうなんだろーか。
でも『ワルツ』は普通に思うけど、『舞曲』ってなんか堅苦しく…ない?

ハイ、とても気持ちよく弾けた曲でした
簡単やけどキレイな曲で、ちょっとゆったり目。こういうテンポなら3拍子も難しくないねんけどな~。
注意するトコは、何度も出てくる、ダウン・アップ・アップ、のトコロ。
スラーがついてるけど、3音とも同じように聴こえるよう弾く、と。後半のアップが続くところを、つい短めに切って弾いてしまう・音が弱くなる、のを改善。コレももう1度先生と合わせて終了。

ううん、デュエットは楽しいな~。
唯一の問題は、メロディがワタクシなので合図(アインザッツ)を出すのが自分!ってところが毎回恐れ多い…!!
ヒィー!先生に合図出すのがワタクシかよ!みたいな感じデス。ハイ。

次回は『ウィッチダンス (作曲: Paganini)』『ガボット(バッハ)』デス。
バッハキライ~(泣)どっちも弾きにくいなあ、もー!
…ん?パガニーニ…?(どっかで聞いたことがあるような…?)

Lesson148

2011.02.13.Sun.02:53
2/12(土)のレッスン。

ストアンを書こうかと思ったけど、どうにも気分がのらねぇ…。

今日こそオレはやるぜ!!
…みたいな気持ちで練習も(一応)したし、前日にオトモダチの発表会を聴きに行ったりで、妙にテンションが上がり気味でしたよ。
ソレが裏目に(笑)えぇ!?違うかもー。

ワルツは問題なく終了。えーと、先生と合わせている時に、途中なんでか楽譜がぶっ飛び、♯1つのト長調やってのに、ナゼかフツーにファを弾くワタクシ。…だからソコはシャープじゃっ!!(泣)ナゼわざわざ弾きにくい方をっ!
…とかいう、オソロシクしょーもないミスを今日もやらかし、反省。orz

も一つ。同じ♯1つのホ短調『祈り』。
どうでもいいけど、パットと見、相変らず調が判らんワタクシ。
なんかいい方法ナイですか…。
あとね、…3拍子がキライデス(笑)どーもやりにくいねんなー。はぁ。
と言ってても、けっこうな確率で出会うので、苦手意識を持たないように…したいねんけどさー。さー…。

で。この曲ってf(フォルテ)とp(ピアノ)が交互にでてくる。
よし!fか!
…と気合いを入れて弾いたら、なんつか想像できるかと(笑)

先生「この曲のタイトルわかる?」
ワタクシ「はっ!『祈り』であります!」
先生「うん、どんな感じ?」
ワタクシ「…厳かーな雰囲気というか…?」
先生「(その雰囲気)出てた?」
ワタクシ「…えーとぉ…(繊細さの欠片もなかったような…)」
先生「ハイ、もっかい最初から」

バイオリン楽譜での記号は当てになりませんッ!!
fはfでも、どの程度fなのか雰囲気なのか、ホントに(ホントにってなんやねん)力強く弾くのかは、極端な話、読み取れと!(無茶ゆーなーー!)
いやまあ、確かに『祈り』にはちょっとほど遠かったかも…ふふ…。
確かにfやけど、普通にガツンと弾いちゃぁ…アカンよなー。ちょっと考えたらな…ハイ。

楽譜中にある記号は要注意。
記号は記号でも文字(poco a pocoとか)はその通りに弾くのだそうな。なんてややこしい…orz
とりあえず終わってしまいましたが。
いいんかなホンマに…なんか心配。

次はまた舞曲系が2曲…。
スラーがイヤな感じにやりにくいデス…マジで。

Lesson147

2011.02.11.Fri.02:46
2/5(土)のレッスン。

どうも最近ダレダレです…コレ書くのが(^▽^;)ハハハ。
そして寒いデス(関係あるんか!?)

しつこく『メヌエット』三昧 (;-_-) =3
前週でしょうもないミスを連発したワタクシは、今週こそは!!と(一応)意気込んでいきましたっ!
あ、ちゃんと練習もしましたよ?

少なくとも、練習ではミスらずサクッと弾けるんやけどさー…。そう、弾けるねん。
たがしかし。先生の前では激しくミスるワタクシ。
…コレ、アレですか。
所謂『本番に弱い』とかいうヤツ…?
ダメすぎる…(泣)

で、なにがどうなったのか、メヌエット2曲とも先生と合わせて1回で終了。
…え?
お、終わるの?
最初の方はともかく、もう1曲のほうは今日合わせたばっかりですよーー?
でも終わってしもた…。

次の『ワルツ(ブラームス)』は、曲の強弱・弓の使用箇所(どこらへんで先弓・元弓を意識して次につなげるか、とか)を課題に次週もう1回やる予定。
まあ、…曲自体は特別難しいわけじゃないしな。むしろ表現がどうとか、そっち方面で進んでるっぽいし…。
その次の『美しい農夫』(だから原題はなんやねんてー!邦題は勘弁してくれーー!泣)はパス。されてもた。
『祈り』(ホーマン…ホーマン!?)を弾くコトに。
たぶんワルツと感じが似てるからこっちなんやろーなぁ。…やっぱり表現か。
にしても、暗ッ!!
暗いよこの曲。祈りなのに…。いや、合ってると言えばあってるのか?うーん。短調やしなー。

相変らず大苦戦なのが、ポジション移動。
ナニがどうって…8ポジとか反則じゃねぇのかよ…、とボヤきたくなるくらいウマくいきません。
なんかなー、3・4の指ならそんなでもないけど、1・2の指は結構不安定。
1・2の指は音がどうとか言うより、移動自体にユラユラする。
音をとるだけなら(今は)そんなに苦労しない。音階練習やし。
ただ、実践で使えるようにしとかないといけない、っていうので移動先の指の位置(4まで楽に届くか、とか)・肘の入れ具合などなど、なかなか簡単にはいきませぬな。当たり前か。ハイ。
先生曰く「3・4の指の時はキレイにできてるから、1・2の指は慣れね。慣れ」
「……(泣)」

とかなんとか思いながら、次週へ続くー。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。